「常に笑い声を聞きたいし、笑ってるのは幸せだよね。
家庭は笑ってる空気がいいなと思う」(優香)

 
板橋よしえ 優香


板橋 子供が生まれる前と生まれた後で何が一番変わった
優香 なんか、ずっとふわふわしてる。なんて言えばいいんだろう……自分に子供がいるのが不思議って。
板橋 うんうん。私、今でもふと思うときあるよ。
優香 ずーっと不思議なの。お腹が大きくなった時も、実感がなくて。やっと生まれたと思って、顔を見た時も、感動したんだけど「本当に私から生まれたの?」って。人が人を産むって、こんなに不思議なことはないっていうくらい不思議で仕方がない。
板橋 わかるよ。寝顔を見てて、ほんとに産んだんだよな〜っ自分の子供なんだよな〜っ凄いことだな〜って思ったりするから。
優香 不思議なの。経験したことのないことだったから。ほんとに、自分の両親もそうだし、世の中のお父さんお母さんを見る目が全然変わった。今までは、抱っこ紐してるお母さんとか、ベビーカーを押してるお母さんとすれ違ってもどこか他人事のような感じで、今は心の中で「がんばれ!」って思ったりする(笑)。今は、世の中の赤ちゃんがみんな可愛く見えるし。あれってほんとなのかなって思ってたけど、ほんとにそう見えるんだよね。面白いなって思う。

板橋よしえ 優香


板橋 子供って、産む前には想像もしていなかった、幸せのサプライズを毎日届けてくれるよね。毎日毎日幸せな気持ちになる。もちろん、大変なことも多いけど!
優香 産後1ヵ月、2ヵ月はキツかったな〜。イライラしちゃうし、眠れないから、メンタルがちょっとおかしくなるし。しかも、ちょうど1回目の緊急事態宣言の時に出産したから、面会もできないし、退院するまではずっと一人で。
板橋 うーーん、ずっと1人は辛いよね……。
優香 ずっと孤独だったの。友達が来てくれたら、実感もあるし。気持ちも楽になるけど、どんどん追い込まれていって。結局、夫と母親にあたっちゃって。すごく手伝ってくれてるのに、「いちいち、あたしに聞かないで!」みたいに、キツい言い方をしちゃったりとか(笑)。ウィルスに感染したらどうしようっていう不安もあったから、なかなか外にも出られなかったし。
板橋 どうやって乗り越えたの?
優香 どうやって乗り越えたんだろうな。最初は意思疎通できないから宇宙人のようだったのが、月日が経って意思疎通できるようになったから。大人同士もそうだけど、意思疎通ができないとストレスでしょ。でも、何が楽しくて、何が不快なのかわかってくると、お互いの感情もわかってくるし、居心地が良くなってくる。やっぱりこの子を笑わせたい、みたいな。常に笑い声を聞きたいって感じだから。よく笑う子でよかったなって思って。
板橋 ほんとにずっと笑っているよね! 笑顔は人を幸せにするよね。
優香 笑ってるのは幸せだよね。全然おかしいことがなくても、あははははって笑ってるとどんどん楽しくなってくる。家庭は、喧嘩もあるけど、笑ってる空気がいいなと思うから。
板橋 それ大事!